頬を濡らすmizutama 屋根を打つmizutama 海に流れるmizutama
光を包み 何ともいえぬ 色よぴかぴか(新しい)
あなただけの 色
あなただけの 歌

2009年05月08日

8代先

一日休まず縫ったって5mmの
世界もあるものの
塗りたぐられた
世界が続くのであれば
いつかひとは辞めることになるかもしれない

 目と目合わせて話せないんじゃ
 この距離と同じ
 時間と長さで埋めたらいい
 穴が開いたのなら
 縫えばいい

生産、消費の主義では、
このまま地球が黙ってるはずがない
二日休んで1mmで当たり前の
世界を目指すの
光が溢れ返る
世界をつくりたいの

不便さは三日で気にならなくなる
不便さは三日で新鮮になる

いつのことですか
100年も前のことではありません
おばあちゃんの世代の話です
まだ存在する方々が幼い頃の話です

それがひ孫の時代にはあれもこれも
便利は金だ
便利は労力削減だ

ロボットをつくれても
米粒ひとつつくれないのが 人間である。

いつか人間は辞めることを選択
しなければならない
8代先の先祖の為に
愛する隣人を愛する先に
もっと大きな愛がとなりにいますように。


【関連する記事】
posted by yuzo at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。